TOPICS

結婚式でのご家族様の衣裳について

2017.10.12


こんにちは。古賀です!!

先日は、午前中お休みをいただきまして子供の運動会に参加してまいりました

去年と比べても、お遊戯やかけっこも一生懸命頑張っていて、リレーや玉入れなど

チーム競技などでの勝敗がつくと、喜んだり、悔しがったりを体全体で表現していて

当たり前ですが、年々成長する子供たちの姿を見てすごく感動しました

また、来年の運動会が楽しみです☆



本日は、結婚式での親御様のお衣裳についてご案内したいと思います。

「結婚式では、新郎、新婦が主役なので、私たちの衣裳は何でもいいんです。」

とお衣裳選びにご来店された際にそういった話をよく耳にします


結婚式には様々な形があるとは思いますが、どのような披露宴でも親御様が

新郎、新婦の代わりに披露宴に招待したゲストをおもてなしをする機会はあると思います。

おもてなしをする側として、招待をしたゲストよりも服装が軽装だと失礼ですよね?

という話をさせて頂きます。


時間帯によって厳密には種類が様々ありますが、一般的にはお父様の正礼装は、

モーニングもしくは、紋付袴。 

お母様の正礼装は、黒留袖となっています。

今は様々な形があり、服装やマナーも多様化してきていると私自身実感していますが、

ただ、そういうマナーを知っていて「あえてくずす」のと、知らないのとでは

大きく違うと思うのです。

モーニング.JPG

シャツや、靴下までご用意していますので靴だけご準備いただければすべて揃います!



留袖.JPG

草履・バッグセットは別途レンタル10,000円〜13,000円(税抜)でご準備しております。



そのほか、色留袖や訪問着、振袖などご家族、ご列席の皆様のお衣裳を取り揃えております。

お着物に関しては、ご予算や、お好みを伺いながら、ご希望に沿ってご提案しております。

着物はもちろん、帯や帯小物もすべて一つずつお客様と一緒にコーディネート致します。

もちろん専門店ですので、サイズや種類も豊富にございますので安心です。


各衣裳の料金と内容は、下記を↓参考にしてください。
http://hanakoga.area9.jp/category/0046976.html


また、各種お衣裳は佐賀県のみならず県外や海外でのご利用も可能ですので

詳しくは花古賀までお問い合わせください。

☎0952-29-2205
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ochk