TOPICS

今までとこれからの成人の日

【成人の日】

成人は冠婚葬祭のにあたるフォーマルな人生儀礼です。

フォーマルな機会を迎える際の正装として、

紋付袴と振袖がふさわしいとされています。


成人の日とは、大人になったことを自覚し、

大人として自立して第一歩を踏み出す。

そして、親や周囲の人に感謝をする日とされています。

また、親御様もお子様が成人の日を迎えることで、

子育ての節目と考えていらっしゃる方も多いと思います。




【厄年】

女性の最初に訪れる厄年が数え年で18歳、19歳、20歳です。

振袖の長い袖には、厄や災いを振り払う意味合いがあり、 

吉祥文様などのおめでたい柄が施された長い帯には、

健康や長寿の願いが込められています。

親の子に対する無病息災の願い

厄払いの意味合いが込めらているのだと思います。




【2023年】

2023年には18歳で成人となり、今までの成人式と同じセレモニーを

18歳(高校3年生)で行うか、20歳で行うかは各自治体によって違ってきます。

受験や就職、仕事など、他にも様々な理由でやむなく式典に参加できない人も

今まで以上に増える可能性があります。





花古賀では、儀式、感謝、思い出をかけ合わせた

新しい成人の日の過ごし方をご提案しております。


「 古くから伝わる風習や儀式を重んじ伝承しつつ、

これからのスタイルに合った『成人の日』という特別な一日を

家族や大切な人と迎えてほしい 」 


これが、わたしたちの思いです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
j5p8